吉沢明歩 DUAL BOX SPECIAL! 12時間 vol.3

タイトル: 吉沢明歩 DUAL BOX SPECIAL! 12時間 vol.3
キーワード: 3P・4P、4時間以上作品、ベスト・総集編、単体作品
女優: 吉沢明歩
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

そして嫉妬に狂った智子さんを伴ってラブホテルに向かった私は、綾子さんに続いて智子さんの熟れ肌をもご馳走になってしまったのです。
ペニスの根もとから、絞りこむような力が駆け上がってきます。
と叫んで尻を大きく突き出したのです。
なぜかと言われてもよくわからないけど、私はそう信じているし、私の経験ではそうなのです。
だが、男と女の付き合いなんて、そんなものだとも考える。
恥ずかしながら、私はすっかり渡辺さんとのセックスに夢中になっていきました。
「そんなに見つめられると聡ずかしいわ」
イケ面の若い先生が、ムンムンと甘い色香を発散する十七、八歳の若い女の子たちから次々と迫られて、次第に教師としての理性が狂わされていたのだと思います。
間髪を入れず、私は、頬を打ちました。
その、濃い桜色に染まった部分に私はしゃぶりつき、舐める。
あんたは女じゃない。
ケツメドを愛撫される快感とオマxコをしゃぶる歓ぴが相乗効果を生んで小生は興奮しまくりました。
翌日から公園で待ち合わせて肩を並べながら走るようになったのでした。
ほどなく射精感が込み上げてきました。
いや、狂わない方がおかしいだろう。
灰色の雲が今にも雪を降らせそうで、コートの襟を立てて、ゆっくりと歩いた。
(これでひと安心、何もかも私の邪推だったんだわ!)
「また、来るね」
大人のオモチャでも使って悪戯して泣かして遊びたいところですが、個室ではないので大人しぐ抱いたり吸ったりしながら、隣のボックスをそれとなく覗いて楽しんできました。娘は、こちらの半立ちのフニャマラを一生懸命に舐め上げてくれます。
「アー、アー、アーッ…」
また同じことを言って、カウンターのなかへはいる。
何枚か重ねられたこのお金でどこまで我慢すればいいのか、私はじっとしているしかありませんでしたが、スカートの中にまで手を入れてきた彼から、秘処が淫らに潤っていることを指摘されると、恥ずかしさのあまりカーッと頭の中が真っ白になってしまいました。
それを飲み込むときの勢いであごがバイブを押し下げる格好になった。
それは、明らかに連れ込み宿の領収書でレた。
「あなたも一杯いかがです?」
目覚めたというよりは、起こされたというのが本当でしょうね。
「変なことを聞いて悪いんだけど。ひょっとして、律子さんと付き合ったことがあったりして?」
オマ×コの中は温かく、彼女が感動してシャクリをあげる度に、肉穴の筋肉がキュッキュッと締まるのです。
その日は、吉崎さんが私のマンションに泊まりに来ていたのです。
「大丈夫ですか」
ご主人が照れたように笑い、それで私は布団を凝視していたことに気づいて、慌ててグラスの中の液体をゴクリと飲んでしまいました。
「奥さん、今年は絶対株が上がります」
幸恵もよほどたまらなくなったのであろう、いっそう鼻声を荒立て、

吉沢明歩 DUAL BOX SPECIAL! 12時間 vol.3

サンプル動画

指入れオナニー50人8時間

タイトル: 指入れオナニー50人8時間
キーワード: 独占配信、局部アップ、オナニー
女優: 朝倉ことみ、あすか光希、有村千佳、杏子ゆう、今村美穂、和葉みれい、大隈恵令奈、一ノ瀬アメリ、篠めぐみ、高島恭子
メーカー: マルクス兄弟
レーベル: MARX Brothers co.

ネットの口コミ

が、女性というのは不思議なもので、口論を続けるうちには袖にされた者も情交を交わした者も一致団結し、大挙して私の元にやってきたのです。
しかしその微笑む顔はどこか淋しげで、自分の願うとおりには生きてこれなかったからでしょうか。
「ワレメを指で開いて中を見てごらんなさい。ほら、早くう!」
「いやよ、やめて」といって、私をにらむ。
そこそこの体重があり、手のひらや指に伝わる感触も柔軟だ。
運動神経の良かった息子二人、当時は中学生。
こんな姿態を女の夫が見たらなんと思うだろうか。
「可愛いよ…」
つい最近、処女膜に縁を切った女性の考えることといえば、ほかに何があるでしょうか。
「おじさん、暇?」
それに、夫とのセックスでは味わうことのできない絶頂感は、冷たくなった夫や夫の両親、親戚にりベンジしているような気分になれました。
暗褐色のケツメドとぷつくり膨らんだドテ肉がモロ見えになったんですわ。
固く閉じた裂け目をくつろげるようにゆっくりと液体を塗り込んでくる彼の指に、私はあっという間に骨抜きになってしまいました。
麻美は弱々しい声を上げるのがやっと。
女尻の大群が、俺に見せ付けるように突き出しているからだ。
と小さな声で言ってくれた。
言葉遺いは丁寧でしたが、そう言った男の目つきは鋭く、何やらものものしい雰囲気でした。
「また会ってくれない?」
全裸になった娘の下腹には経産婦特有の皺が見られて、確かに二十六歳でしょうが、ややシラケさせられました。
今しも彼は娘の婚家先からの帰りだった。
ビールをついでくれたのはママさんで、娘のほうは何もしない。
「あああっ……あひいっ……」
「おいおい、本気か?」
「いい加減にしてくれよ。外で女を抱いていたら、ウチでまでする体力は残ってないよ」
痛がって波打つ彼女の尻が妙に刺激的でした。
雨は小降りになってはいましたが、まだ降り続いていました。
このうちの男達ときたら、みんな……。
彼女は私の首に抱き付き、乳房をこすりつけてきます。
「刺激的なほうが、もっと感じるはずだよ、佳代子さんは……」
私は自分の軽率さを恥じ、その後は大酒を飲んで泥酔した。
私は、子供たちが小さい時の汚れが残る狭い家で一日を潰すほどの家事もなく、遊び回れるほど余分なお金もなく、主人が帰宅するまで死ぬほど退屈に暮らしているのでした。

しかしながら情けないことに、私は即座に幸恵にむしゃぶりつき、貪るように女体を掻き抱いて全裸にひんむき、唇はもとより乳房といわず乳首といわず腹部や尻肉にまで口を押し当てて、吸いまくらないではいられなかったのである。

指入れオナニー50人8時間

サンプル動画

プレミア女優の手コキ淫語BEST8時間

タイトル: プレミア女優の手コキ淫語BEST8時間
キーワード: 独占配信、デジモ、ベスト・総集編、淫語、手コキ
女優: 成瀬心美、志保、如月カレン、二宮沙樹、吉崎直緒、ほしのみゆ、小西那奈、桜木凛、冬月かえで、光月夜也
メーカー: プレミアム
レーベル: PREMIUM BEST

ネットの口コミ

そして明らさまに挑戦的な視線を注いできたのは波恵さん。
「じゃあ、どうして?」
手の温もりやホワーンと流れてきた甘い香りにドキッとしました。
桃の花のような匂いだと思ったのは、そのとき私が舞い上がっていたこともあります。
首を絞めるということは呼吸が止まり、血液が圧迫されるということだ。
下半身が持ち上がりそうになります。
私の目の前で女の大きなおっぱいが揺れでいる。
「もう出ちゃったんだ…」
さらに、私は続けました。
「え?」
夫の両親との同居は、夫の両親がまだまだ現役で働いていたこともあって、今すぐに同居するのではなく、もっと先になってからということになりました。
正直言ってカミさん以外の秘め所を目のあたりにしたのはそれが初めてだったもんですから。
と思わず怒鳴り声をだせば、相手も
私はその時、初めて彼女がファザコンであるということがわかりました。
そこで、彼女が個室から出てきた直後に抱き締めたのだ。
春日八郎の.『別れの一本杉』である。
「そんな人はいないよ」
仕方なく俺は、薄い闇の中で女を見る。
いつもどおり、オッパイに吸い付き、秘裂をさぐりながら、反応を見るのですが、個室と違ってよがり声がいまいちで最後まで行かすのは無理だと諦めて、ズボンだけを下げて、チ×ポを咥えてもらいました。
器量も人並み以上に気立ても佳く、伝兵衛の独り息子の伝吉に見染められ今年の春、嫁いで行った許りだった。
とても慈悲にあふれている。
最後は四つん這いになって、力も抜けてシーツに倒れこんでしまった私のお尻の中で射精をすると、彼はそのまま続けて直腸内にオシッコまでしてきたのです。
露骨な言葉でからかう。
「ええ、私、私もいっしょにっ。あっ、はあああああーっ……」
歯の浮くようなセリフを吐いて、彼女の前に回り込みます。
千代によると、雨もようやく止んで、土砂崩れも大事にはならなかったようです。
「お小遣い? いいのかしら、そんなことしても」
女性が出ていくと、私と愛子だけの世界です。
美術館の観賞会のときに声をかけて下さって……それからおつきあいが始まりました。
人の気配は全くない。
こんな私の体に触れたくてしょうがないとでもいうように、荒々しく乳首を啄ばみ、秘処の敏感な部分に押し付けた熱い舌先で、何度も何度も私をなぞるのでした。
あれから十数年、今でも彼女との付き合いは続いている。
しかしながら情けないことに、私は即座に幸恵にむしゃぶりつき、貪るように女体を掻き抱いて全裸にひんむき、唇はもとより乳房といわず乳首といわず腹部や尻肉にまで口を押し当てて、吸いまくらないではいられなかったのである。

プレミア女優の手コキ淫語BEST8時間

サンプル動画

ノーパンおもらし女子校生 上原亜衣

タイトル: ノーパンおもらし女子校生 上原亜衣
キーワード: 女子校生、放尿、潮吹き、単体作品、デジモ、独占配信、ハイビジョン、DVDトースター
女優: 上原亜衣
メーカー: プレミアム
レーベル: Jewel

ネットの口コミ

あの綾子さんはさすがに話には加わりませんでしたが唇を噛みしめてじっとうつむき、その表情からは嫉妬を通り越して怒りの炎が立ち上っていました。
そのとき圭子の口の中ですこし苦い昧がしたのは、私の精液の残余だったのかもしれません。
いわば熟女の悪知恵でした。
「お風呂に入りましょう」かすれた声で甘えたようにそう言う里子は、まだ怖がっているようでした。
そう思って定子の誘うままに、私は膣内へと挿入を果たした。
私は、嬉しいような、驚くような。
女の手が、私のペニスを優しく揉んでいる。
と言いました。
加奈子は私の頭を押さえて、強く抱きしめたのです。
何度か危ない時期もあったが、どうにかこうにか倒産もせず、今に到っている。
夫は長男でした。
「今に分かるわよ」
「おはようございます」
「もう、もう許してください。先生、許して……」
受講生の名札には「佐木葉月」と印字されていた。
私たちは両手をかたく握り合って、しばらく泣いていた。
その日のちょうど昼頃、私と照雄がまだベッドでぐっすり寝入っている時に、玄関のチャイムがけたたましく鳴り響きました。
彼女はわたしの名刺を見て、納得したようだった。
電車を乗り継いで、お目当ての店に出かけました。
「戻されるに事欠いて、寝小便とはなあ」
おどおどしながら、わずかに微笑んだ。
逃げる間もなく顔に夫人の秘股が圧しつけられ、私が舌を這わせるまで豊満なお尻を揺さぶってくるのです。
またも夫人が下腹部を痙攣させた。
さすがの夫も、音を上げる気配でした。
「あう! すごい。すごいわ。あなたが添乗員になってくださるんだったら、あたし、いつでもツアーに参加してあげるわよ」
若い芸者が
むず痒いのとは違った奇妙な疼き。
ただ、その一心でした。
私が再びアクメを迎えた瞬間、吉崎ざんから放出された液体が喉に注ぎ込まれました。
柳のような細い眉に切れ長の目。
今度は私の方が一瞬面食らってしまったのですが、好奇心には勝てませんでした。
その知的な顔立ちといい、もの憂い雰囲気といい、瞳の翳り具合といい、妙に男の欲望をそそってくるのだ。
もし別れてしまえば潤沢な生活費とも縁が切れてしまうわけだから、自分のほうから別れ話を切り出すはずもなかった。

ノーパンおもらし女子校生 上原亜衣

サンプル動画

実用的オナニー専用3分間素材集×80名

タイトル: 実用的オナニー専用3分間素材集×80名
キーワード: 独占配信、デジモ、その他フェチ、オナニー、企画、ベスト・総集編
女優: つぼみ、ましろ杏、春咲あずみ、青山菜々、桜子、鮎川なお、大橋未久、常盤りん、灘坂舞、紺野りさ子
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ Best

ネットの口コミ

これは四十年に及ぶ教職の作業とも相通ずるところがあって、まさに私の真骨頂。
美しすぎるためにわがままになれなくて、いつも何かに流されて生きてきた。
淀んでいた潤みに誘われて指が大家さんの体内にズルズルめり込んでいったではありませんか。
そして里子もまた、そういう女だったのです。
「服が窮屈で苦しいです。着慣れないセーターを着てきたから」
仕事から帰ゐ渡辺さんと、毎日のように繋がり、指と舌とベニスとで、愛されています。
私は、女の下着姿を見つめた。
それに弘美の話では、私が先生と初体験をしたあの頃、先生は他にも何人かの女子生徒に手を出していたということでした。
「お先にお風呂を使わせていただきます」
社長時代にも何度か足を向けたことはあるが、全部が取引先の接待だったので自腹で、しかも一人で出向くのには多少恥ずかしくもあったが我慢した。
その後、夫の実家に報告に行くと、お姑さんは半狂乱になって嘆きました。
だから懸命に堪えたんですわ。
私の秘部は乾いていただけで、女の悦びまでは失ってはいなかったようです。
「私、死んだお父さんが天国でどう思っているかと思うと、悔しくて、情けなくて…」
俺はボールを見る振りをして、葉月の後から覆い被さった。
私の脳裏には、故郷のあの河原での、美登利との別れのシーンが、この歌とオーバーラップして思い出されで仕方がなかった。
そうこうするうち、若くてハンサムな男性客が、ちょくちょくティールームに現れるようになりました。
わたしは憧れの人のことを思い出し、今は亡き彼女の容姿、そしてわたし自身は完全な片思いであったこと、さらに今でも思い出すと胸が苦しくなるなどを記したメッセージを送る。
とはいえ、完全な密室ではありません。
「判った、ンだば待っとれ……今、わしが珍宝嵌めてやるでよ」
まったく楽しそうに話すので、卑狼な感じがない。
「ああ、もうやめて……」
D・カブラシ氏の主宰では外国の夫人も多く国際色豊かで人気があるのだが、問題は男からの隣いはNGということ。
「むう、うぐぐぐぐ……」
ですが、オカマなどと言われてしまっては、こっちにだってプライドがあります。
お爺さんが私のことを
その晩は二度オナニーをして、翌晩は三度。
当時のバイト科が一日二百五十円ぐらいでしたから、また二十日ばかりバイトをしなければなりませんが、それは冬休みにすることにしました。
彼の舌と唇が花芯を舐め畷ると、すでに溢れきった蜜がさらに溢れてきて、下半身がまるで別の生き物のようにひくひくと反応しでしまうのです。
「爺さん、勃ちもしねえのにお盛んだな」
さっき覗いた時にやはり誰か女性がお隣にいたんです。
今度は俺が責めにまわった。
そんなのは、ほんの序の口にすぎない。

実用的オナニー専用3分間素材集×80名

サンプル動画