女子○○生 拉致監禁BEST 2

タイトル: 女子○○生 拉致監禁BEST 2
キーワード: 監禁、凌辱、拘束、女子校生、ロリ系、ベスト・総集編
女優: 長谷川しずく、小松ひな、青木琴音、柳原あかり、京野ななか、上原亜衣
メーカー: ローグ・プラネット(凌辱)/妄想族
レーベル: ローグ・プラネット(凌辱)/妄想族

ネットの口コミ

世話焼きの喜美恵さん、そして今度は智子さんの登場と、私のモテモテぶりは止まるところを知らない感じでした。
「親父が死んで半年以上経つ。女のひとはそのくらいの時期がいちばんつらいんだって、どこかで聞いたことがある」
しかし肩に触れてきた手の温もりや甘い香りで欲情した私は狡猾にも一計を講じました。
とうぜんですよね。
中が締まつて肉棒と密着する。
外見以外、夫に劣るとこるなど、何一つ見あたりません。
女は私の愛撫を拒んだ。
第一志望の大学に受かった嬉しさより、卒業すると、もう二度と大好きな先生に会えなくなるという悲しさが、一瞬勝りました。
お互いに、相手の顔が見えないのが、大胆な言動につながるのでしょう。
私は街に出て、飲ませてくれる女を探すことにした。
病院へ向かうときと、帰るときとは、私たちの.様子は逆転しました。
という興味でした。
実際には、答え通り、私はかなりのセックス好きではありました。
思い詰めるタイプだけに、冷たくすると何をするかわからないと思ったからです。
そのため、受け入れる側の人手が不足するのだ。
生物にとって、最大の目的である生殖活動を、当時は不純で不良な人間がやることで、精神的な恋愛こそがもっとも尊いごとであるかのような時代の風潮は、若い私たちの性欲をねじ曲げていた。
(真剣に結婚まで考えた男が泥棒だったなんて)
わたしは落胆を覚えつつも、このまま帰るのも何だし、ということで、女に誘われるままホテルに行く。
それこそ、真心を込めて奉仕するように、玉からサオ、亀頭部分を懇切丁寧にじっくりと舐めまわすのですが、どうもこの娘もエロ度が弱いのです。
快がって腰を振るたびに、自慢の大魔羅がジュッギュツと締め付けられ、こ遺の好色隠居もいささか持て甘し気味だ。
この大人し過ぎる娘が、せちがらい世の中を、渡っていけそうに見えなかった。
貫井夫人は、色々と騒動ばかり起こしでいる元東南アジア国の大統領夫人を思わせるような容姿で、人生の先輩だと言われてもファッションセンス一つとっても見習いたいところなど全くありません。
その勢いで肉棒が抜けてしまった。
しかし、よく考えると、あの口の達者な人のことだもの、また上手く誤魔化されてしまうかもしれない。
「柔らかい、あなたのここ。しかも、もうグショグショだ」
私もじっと仰向けになっていられず、上半身を起こし、尻に枕を当てがい、背後から桃太郎の乳房をまさぐり、片方の手を股間に伸ばしました。
藤枝氏の指先にはまるで強力な接着剤が付いているようで、私のお尻は勝手に釣られていく。
滑らかな肌でしたが、スベスベした感じもありました。
そして、膣とは違う穴が、むず痒いようなくすぐったいような、それでいてぞくっとくるほどの快感がときおり背中を走り抜けるのです。
私は年甲斐もなく胸がドキドキし、そして誘われるままに宿に戻った。
お隣は電気がついてましたから、迷わずインターホンを押すと「はい」という太い声の後、木原さんが玄関のドアを開けました。
安い今が絶好の買い場です」
アメリカの軍政下にあった日本は、連合国軍の主力として参戦した米軍の後方の中継基地として補給、輸送その他もろもろの面で重要な役割を担わされ、にわかに軍需景気が湧き上がった。

女子○○生 拉致監禁BEST 2

サンプル動画

「家庭教師が美少女にした事の全記録」 隠撮カメラFILE 18

タイトル: 「家庭教師が美少女にした事の全記録」 隠撮カメラFILE 18
キーワード: 盗撮・のぞき、美少女、フェラ、セーラー服、中出し、単体作品
女優: つぼみ
メーカー: グローリークエスト
レーベル: sneak shot

ネットの口コミ

プッと頬を膨らませた綾子さんに苦笑しました。
私はもう蒲団に入って、本を読んでいたときでした。
「だれ?誰なの?」
里子がやりたくなったときに私の家にやってくるのです。
定子の言葉が濁る。
これまで夫以外に男性経験がない私。
数日後、私はミカを呼び出した。
「痛いのはちょっとだけだから、我慢して」
彼女の最大の魅力は、くるくるしたぶどうのような瞳です。
私は冥土の土産にと思い切って彼女に頼んでみた。
そして不思議なことに、その時から憑き物が落ちたようにピタリと夜の街をふらつくこともしなくなり、セックスに対する執着もなくなったのです。

不思議な液体がラブローションだったと教えてもらったのは翌日のこと。
「先生、わざわざお電話ありがとうございます。それに、この前は取り乱してすいませんでした。かなり落ち着きましたから、お詫びと言ってはなんですが、私の家においでになりませんか。手料理を食べていただきたいと思って」
片手で、ジッパーの金具にも指を掛けた。
うす暗い照明では、美登利の顔が少女の頃と変わってないように見えて、挿入後は一段と硬度を高めていった。
私はたちまち彼のファンになり、彼の姿が見えるやいなや、ほかのウエイトレスを押しのけて、いち早く注文を取りに駆けつけました。
女将はわたしの手を取って、着物の襟元から胸乳に誘う。
どうやら、ドライオルガスムスの実践方法について、試供品を提供する会社の人間と実際にそれを試すことになったタレントの間で、話が盛り上がっているようでした。
男心を唆かすようにユラユラと腰を振ると、
外の雨足が強まったらしい。
私を愛人にしたいと口説いておながら、いざとなったら愛妻家だと言いだすんですから私にはわけが判りません。
「いや、ポク個人の趣味ではあるがね」
ムキムキと青筋立てて膨張してゆく西島の股間に、私は期待と不安を感じていました。
私の経験からいくと、K子さんのように露骨にモーションを掛けてくる女性は意外と口先だけで、むしろこの敦美さんのように、なんの前触れもなく、そっとやってくる女性のほうが本気でアレをしたがっているケースが多いのです。
桃太郎のおちょぼ口にすっぽりと亀頭がおさまり、酒で熱くなった舌がからみついてきたときは、もう我慢するのに必死でした。
『ああ、よかった。あのまま帰ってしまわなくてよかった』
私は彼女を抱きかかえ、布団まで運んだのです。
美術館の観賞会のときに声をかけて下さって……それからおつきあいが始まりました。
私は最初、驚きすら感じたが慣れというのは不思議な物で、いつしかそんな連中の輪に属してしまうことになったのだった。
今度は私の方が一瞬面食らってしまったのですが、好奇心には勝てませんでした。
奥さんは二回りも歳の離れた夫と子供もなく暮していたが、昨年死に別れて未亡人になったとのこと……。
たとえ浮気はできたにしても、やはり家庭持ちともなるとなにかと煩わしく支障があるのは明らか。

「家庭教師が美少女にした事の全記録」 隠撮カメラFILE 18

サンプル動画

全力逃走レイプ 2

タイトル: 全力逃走レイプ 2
キーワード: ハイビジョン、レイプ・強姦、中出し、フェラ、DVDトースター
女優: さとう遥希、南梨央奈、今村楓、椿かなり
メーカー: グローリークエスト
レーベル: GLORY QUEST

ネットの口コミ

実は教室には秀麗のご婦人や未亡人といった参加者が大勢いて、黒一点の私のモテモテぶりたるや自分でも信じられないほどなのでございます。
「ああ……」
「は、はい」
「そんなこといったって、僕はもう君を抱きたくてしょうがなかったんだ。僕の王女様だったんだ」
何だか濃厚な蜜が詰まった容器の中に、突き入れているような気分だ。
夫が留守の時、カーナビの履歴を見ました。
妻は一体どういう態度をとるのだろうか。
そのあと、どこをどう歩いて家に帰り着いたのか覚えていないほどで、その日の夜は、なかなか眠ることができませんでした。
彼女は、もっと、叱られたり、厳しくしつけられたりしたいはずなのです。
「大丈夫ですよ。そうだ、何か食べたいものはないですか?」
ことあるごとにお姑さんは私を罵倒しました。
もちろん異存はなく彼女を大股開きの四つん這いにさせて唾液でヌラついたケツメドに肉ザオをずっぽりと突き立てました。
「ああ…、だめ……」
「あっ、あうう…」
十本の指で握ると、肉饅頭のようにムニュムニュとした感触だ。
うす暗い電気に変えると、私たちは床へ就いた。
彼は愛想もよく、私がコーヒーやサンドイッチを運んでいくと、いつも「ありがとう」と爽やかな笑顔を見せてくれました。
先日も驚くべき光景を目にした。
しかし、こちらにすれば、なじみにするほどの娘でもありません。
「どうして出されて来たんじゃ」
それを見ていたママさんが、驚くべきことを言った。
「何よ、紘子さん。またお尻でイッちゃってるんじゃないわよ。今度、私がイク前にあなたがイッちゃったら、私のオシッコを飲んで貰うわよ」
すると千葉氏が、
「オレ、西島っていうんだ。よろしくね。おねえさんの名前は?」
物静かな方で、乱痴気騒ぎしてる運中とは一線を画している感じの美人でした。
「あんた、ここで働いてるんか?」
「どうレたのかな。まだ出てこないかな」
「ここに座っていいかね」
異様な快感が私を押し上げていきました。
中には真っ赤なドレスを着て
放心状態になった私から木原さんは離れると、
あれから十数年、今でも彼女との付き合いは続いている。
そのオマ×コの中は熱く火照りをおびている。

全力逃走レイプ 2

サンプル動画

僕と美女達の~甘い性活総集編~

タイトル: 僕と美女達の~甘い性活総集編~
キーワード: デジモ、ベスト・総集編、指マン、騎乗位、独占配信
女優: かすみ果穂、小川あさ美、Rio、原更紗、希崎ジェシカ、上原カエラ
メーカー: アイデアポケット
レーベル: アイデアポケットBEST

ネットの口コミ

まさに順風満帆のわがプレイボーイ人生の始まりか、と思えたのですが。
父は束大生で、そのころ山形ではもっとも名の通った歌人でした。
「あはん、ああ…ん、もうイタズラしちゃだめよお。ねえ、オシッコの穴、分かる? 指を入れてる穴のすぐ手前にあるでしょ?」
五十過ぎの大して色っぼくもない女なのに、それでもすぐにちんちんがその気になってしまう。
私の粗末なものを受け入れながら、瞬くようにいった。
乳房を弄んでいたもう片方の手で肩をがっちりと押さえられてしまいました。
それを妻が私のスーツの中から見つけ出して、そこに置いたのだろうか。
「ご、ごめん……」
加奈子は、しかし、そこまでは覚悟できていたようですが、その先はどうしていいのかわからないらしいのです。
「恥ずかしいなぁ」
そして、不妊治療をして子供が望めるのであれば、そのようにすればいいと…。
うまく説明できませんが凌辱する快感と凌辱される快感を両方同時に味わえるのです。
終わった後、しばらくは指を動かすこともできなかったほどです。
「すまないね。早く来すぎてしまったかな」
辺りは暗くなっている。
「う…」と呻いて身を反らした。
同棲するようになってから、彼は私に「食費」と称してお金を渡してくれましたが、それもいつと決まっているわけでなく、金額も五万円だったり十万円だったりと、まちまちでした。
もしかしたら、女に対してずいぶん失礼な態度なのかもしれないが、私は何事もなかったかのようにその場を後にした。
思ったとおり、娘は大喜びです。
糸子が声を振り絞ってむっちりした尻を動かすと、グチョグチョと陰門の鳴る音と共に、淫水が吹き溢れ、藤右衛門の青筋立った陰茎はもとより、自分の太股迄べっとり濡らし、余った分はさらに糸を引いて寝床の上に滴リ落ちる。
女の反応が鋭い。
「こりゃ感度のいいケツ穴だね。奥さん、マx汁がこんなに太腿に垂れてきちゃって」「ああ…やっぱり嫌。指を抜いて……そ、そこは嫌……普通に抱いて……」
「ゲッ!参ったなぁ」
「判っているとも!何もかも忘れさせてやるよ」
ビシッと尻を叩きます。
それが都合よく、私と桃太郎のあえぎ声をかき消してくれました。
「もちろんですわ」
私は彼女をバスタオルで軽く拭いてから、上から被さっていったのです。
私もその例に漏れず、新たな出会いを求めて様々な趣味の会やカルチャーセンター、シニアの親睦会に顔をだすようになったのです。
おぞましいとも受け取れる光景だが、いくつになっても、いや、歳を取れば取るほど人間という動物はそういうものかもしれない。
外廊下には各家庭の風呂場の窓しかなく、中の様子が全く解らなかった私は自宅に戻り、今度はベランダに出てお隣をそっと覗いてみました。
「痛い、奥さん」
延長したっていい。

僕と美女達の~甘い性活総集編~

サンプル動画

オッパイは舐め吸うタメだけに存在する4時間3

タイトル: オッパイは舐め吸うタメだけに存在する4時間3
キーワード: 独占配信、ベスト・総集編、その他フェチ、巨乳フェチ、巨乳、美乳
女優: 仁科百華、北川瞳、恵けい、高島恭子、辻井美穂、及川はるな、小島優花、南レイ、希本なつ美、栗崎紗理奈
メーカー: ABC/妄想族
レーベル: BoinBB/ABC

ネットの口コミ

教室を終えて駐車場に向かう私を呼び止めたのは、なんと智子さん。
弟を社長にしました。
「俺、寂しいんです。どうしていいか分かんないんです。夕飯ご馳走になってるうちに大家さんが母ちゃんに思えてきたんです!」
いま付き合っているのは、四十二歳の人妻です。
露出したのは地味な性格には似合わない、ゴージャスな肉体だった。
「真佐子のもとに、やっと辿り着いたよ……」
こんなに美しい人妻が何故、体を売っているのだろうか。
と声を出して腰を引いてしまいました。
私が教えた『女の作法』です。
多分、しょっちゅう垂れ流しているからだろう。
三年が過ぎた頃には、優しかったお姑さんも、私が妊娠しないことに嫌みを言うようになってきたのです。
それでお互いに興奮できれぼオンの字です。
実際には、答え通り、私はかなりのセックス好きではありました。
おもわず腰を引いてしまったほどでした。
十本の指で握ると、肉饅頭のようにムニュムニュとした感触だ。
とお互いがしだいに感じ始め、美登利も腕を私の背中へ回して、しがみついてくる。
郷里の両親にはホテルを辞めたことはまだ内緒でした。
彼女はわたしの名刺を見て、納得したようだった。
受付のお兄さんから、
止せばいいのに、浅吉はつい悩みの種を話してしまった。
わたしは、やっと人心地がついて宵のちまたを眺めやった。
排泄にしか使ったことのないそこは、外からの異物の挿入には慣れてませんかち、指の束をヌッポリと奥までねじこまれて中を掻き回されると、便秘をしてるような重苦しい充満感しかありません。
「そのままひっくり返ってくれ」
背徳感と復讐の情熱…。
「あなたと楽しめるのだったら、叱られても本望ですよ」
ガムを噛むような音が割れ目から漏れていました。
『ああ、よかった。あのまま帰ってしまわなくてよかった』
私は無我夢中で、シュミーズの前を暴き乳房を露出させたのです。
私も、まさかこの年で、こんな桃源郷を見出せるなんて……全身に縄化粧を施され、鞭の刻印を噛み締める時、これほどの至福はない……とさえ思っているのです。
「えっ? いえ」
奥さんと一緒のご主人を見かけることはあっても話をしたことはなかったので、うちの主人とは全然違うスポーツタイプのご主人には少し興味もありました。
年齢は五十過ぎでお手伝いさんの若さに嫉妬し、そして綺麗なお手伝いさんをこき使っている。
この齢になるまでいろいろと苦労したものである。

オッパイは舐め吸うタメだけに存在する4時間3

サンプル動画