手マン道 手淫を愛する漢達に捧げる譚歌 8時間!!

タイトル: 手マン道 手淫を愛する漢達に捧げる譚歌 8時間!!
キーワード: ベスト・総集編、4時間以上作品、指マン、デジモ、独占配信
女優: 横山美雪、希崎ジェシカ、希志あいの、希美まゆ、二宮沙樹、かすみ果穂、Rio、初音みのり、冬月かえで、黒木いちか
メーカー: アイデアポケット
レーベル: アイデアポケットBEST

ネットの口コミ

彼女の瞳には嫉妬の色がありありでした。
私が圭子をはじめて見たのは、結婚式の当日のことでした。
「俺のオチンチンをアソコの穴に入れてあげましょうか? どうします?」
誘ったのはもちろん私ですが、そのころ里子はいつも、一緒に旅行に行きたいといっていたのでした。
室内に入った途端、定子は二人掛けのソファーに座り込んだ。
私は、不思議と悲しいとば思いませんでした。
そのたびに女が堪え切れないような喜悦の声を上げた。
そうして私がオルガスムスを迎えた時、
彼女は、両手を差し出レ、肩までの豊かな髪を靡かせて、私の胸に飛び込むような勢いで近づいてきました。
看護帰は驚いた。
私は二十五歳のときに、職場で出会った男性と結婚しました。
「おいおい、俺のケツメドをさんざんいじっといてそれはないだろ」
次の瞬間、何のつかえもなくずるんと大きな物が潜り込んできて、私は久しく味わうことのできなかった激しい快感に襲われていったのです。
心配になった私は学生簿を調べて彼女の自宅に電話したのです。
その帰り際に、互いの携帯篭話番号を交換した。
「リラックスしなさい。もっと楽にしなくちゃ……」
彼のおかげで初めて深い歓びを知り、私の牲感は一気に開花しました。
(なるほど、もう今日の仕事は終わったのか…)
こちらが、年寄りだったので、店の方が気を利かして聞いてくれたようです。
娘の糸子は今年十八。
生娘らしく、顔を左右に振って髪を乱した。
それだけでなく、あともう一回六万円を貰えたらもっと助かるのに、という浅ましい考えまで頭によぎってしまったのです。
このホテルは駅の改札口横の通路を通ると直接チェックイン可能という、当時としては珍しいタイプで正面玄関からの出入りする姿を見られないところから、遊び人の穴場として利用され、『隠れたラブホテル』の別名があった。
彼は女の肉体に精通しており、驚愕の技量を持っていたのです。
「卑根な言葉で罵って」
「なんでもようしゃべるねんなぁ。芸者は口が固いもんやと思うとったがなぁ」
とりたてて用事があるわけでもなく、私の情事の様子をあれこれと探っては帰っていく。
(革靴は半年ほど延ぱすとするか)
腰を突き入れられるごとに、狂おしい気持ちが自分でも恐ろしいほど高まっていくのがわかります。
さて、我々のマドンナであるS婦人を含んだ一行は宿に着くなり乱痴気騒ぎ。
その奥さんがある日、パート仲間と遊びにいった先で軽い自動車の衝突事故を起こし、入院してしまったことが、私の平凡な生活に変化をもたらすことになったのです。
その頃、証券業界もオンライン化が進み、若いのにPCを使いこなせなかった俺は、上司にもOLにもバカにされてばかりいた。
無数の死体の浄化作業の詳細については、ここでは書き述べる気持ちはない。

手マン道 手淫を愛する漢達に捧げる譚歌 8時間!!

サンプル動画

ドスケベ美人妻たちのセンズリ鑑賞 勃起チンポを欲しがる美妻たち

タイトル: ドスケベ美人妻たちのセンズリ鑑賞 勃起チンポを欲しがる美妻たち
キーワード: 人妻、熟女、その他フェチ
女優: 夏樹カオル、結城みさ、波多野結衣、中森玲子、有奈めぐみ、水樹あやか、筒井まりか、細川まり
メーカー: Mellow Moon
レーベル: Yellow Moon

ネットの口コミ

そう言って唇を重ねたままスカートの中に手を滑らせ、下穿きの中に侵入してみると、なんと秘め所がもうジュクジュクに潤んでいるではありませんか。
だから私に、銀行をやめて社長になれという話もあり、一部の使用人たちも私なら盛り立ててがんばってゆくことができると言ってくれたのですが、それでは弟の立楊がなくなってしまいます。
大家さんが無邪気に喜んで、ご飯をどんどんよそってくれました。
人間はこう生きるべきだとか、そんな道徳的なことをいう趣味はありません。
「ああ~ん、いやん、あん!」
蕾を擦りながらも、乳首への愛撫も忘れず。
目の下が薄く色づいて腫れている。
私は先生と彼女の初夜のことを考えると、切なくて胸がかきむしられる思いでした。
そんな様子が、私にはたまらなく愛らしく、また快感なのです。
「じゃ、じゃあ、お水を」
いっそのこと、きちんと病院で検査をしてもらって、不妊症なら不妊症だという証明をもらってこいと言ったのです。
「ワシも気持ちいいぞ。勃ってる。どうする?」
ご自慢のヴィンテージ物の深い味わいにこれまた感銘を受けて、家を出る時の用心もついつい消し飛んでしまうほどワインを流し込んでしまった私。
清楚な麻美の肛門から……。
それは小麦色の尻を分割するような状態で、紐状となり谷間に埋没している。
こんなにスムーズにいくとは思っていなかったからである。
しかも毎日決まった時刻に出かけるわけではなく、一週間立て続けに出かけたと思ったら、四日も五日も休むことがありました。
彼女はマンションの六階に住んでいて、ゴミ捨て場まで運ぶのが面倒らしい。
聞くのは、いつも深夜というか明け方です。
「なあに、こういう寝小便なら、わしや大歓迎じや…布団が汚れようが畳が濡れようがなんぼでもするが好い……後生大切に可愛がってやるで。伝吉のことなど諦め、ずっとここで暮らせや」
せっせとスナック・恵美子に通いだす。
ですがそうしたらまた脱糞までさせられると思うと、やっぱり無理矢理諦めるしかありません。
だらしなくも、
「ねえ、あなた。今夜の帰りの予定は?また遅くなるのかしら?」
小陰唇を捲ると鮮紅色の粘膜が口を開け、ヌラヌラと濡れ光った粘膜面には、ヨガリ汁がヌラッと糸を引いていました。
綾乃は乳輪を指でつまんでみせて言いました。
ぬるぬる、ぐちゅぐちゅ。
後日、そのわけを聞いてみると、
ところが、正常位から腹這いにさせられ、私が言われるままのポーズをとろうとした瞬間、手錠のようなもので両手を拘束されてしまったのです。
盛り上がりの少ない萎びた感触だが女房以外とは、いや、女房とも長く交わしていない情感が沸き起こってくる。
うちの主人は相変わらず帰りが遅く、時間潰しに観ていたテレビドラマも面白くなかった私は、また玄関の外に出て、お隣のドアの前で様子を窺ってみたのです。
俺は勝ち誇って不敵に笑うと、糞まみれになることを覚悟し、肛門の皺を押し割って、挿入を果たした。
 ♪遊女は客に惚れたと言い、

ドスケベ美人妻たちのセンズリ鑑賞 勃起チンポを欲しがる美妻たち

サンプル動画

【AV30】家庭教師 盗撮授業8時間

タイトル: 【AV30】家庭教師 盗撮授業8時間
キーワード: 独占配信、ベスト・総集編、家庭教師、盗撮・のぞき、4時間以上作品
女優: 雪見紗弥、早乙女ルイ、小辻もえ、星野梨緒、波多野結衣、茉莉花、平井綾、青木莉子、灘坂舞、みなもとみいな
メーカー: BeFree
レーベル: AV30

ネットの口コミ

これは四十年に及ぶ教職の作業とも相通ずるところがあって、まさに私の真骨頂。
私も素っ裸になって、たわわに熟したそのやわらかいからだの上にかぶさってゆきました。
開いた尻割れの谷間に暗褐色の肛門が覗き、その下にはワレメの半開きになつた淫唇が見えたのです。
すぐにいってしまい、それから立て続けに五回も六回もそのわななきを繰り返しました。
何でも映像に酔ってしまったようだと定子は言う。
ほんの一瞬、痛みを感じましたが、すぐにそれは気持ちよさに色を変えていきます。
あの女を今日だけは他の男に抱かせたくなかった。
「二人とも初めてなんだから気にしないで」
それを承知でいたぶるのはたまらない快楽です。
「か、看護帰さん」
ところが皮肉なもので、夜の街をさまよい見知らぬ男性とセックスをしているうちに、私は本当の悦びを味わってしまったのです。
向こうも負けじと小生のケツメドを攻めてきました。
縫い結んだかのように膣口はぴったりと閉じ、指一本さえも受け入れまいという感じでした。
「もうこんなに濡れてるじゃないか。君は普段、あんなに真面目な学生なのに、臭い尻の匂いを嗅がれて感じてるわけだ」

彼女は少女のようにはしゃいでいた。
私はますます彼に興味を惹かれ、彼が訪れるたびに、あの手この手で歓心を得ようとしました。
「昔、埼玉に暮らしていたことはないですか?」
聞くのは、いつも深夜というか明け方です。

ママさんは座ったままで、娘に指示をあたえた。
もう一度だけ貫井氏に抱かれようかと思いました。
「そのままひっくり返ってくれ」
というのも、私と夫は結婚して三十余年、その長い年月のあいだには、それはさまざまなことがあったからです。
添乗員用の狭い部屋で一人黙々と飲んでいると、
六十七歳になった今、どういうわけでしょうか、あの日の出来事が、まるで昨日あったことのように、鮮やかに思い出されて仕方がないのです。
ヴァギナを掻きむしる指は、溶け出した頭に渦巻く妄想の中、太く長い男の指へと変わっていく。
なかなか発散する機会がなくて、わたしたちはエロ本を回し読みして、センズリで処理していたものです。
とお願いしていました。
「ホントによろしいの、よろしいの?」
彼の浮気相手にもして貰えなかった私は、自分が何と馬鹿な夢を見たのかと恥かしくなり、やはり平凡な人生が自分には合っていると思えたのでした。
それに顔だって自慢じゃないがかなりもてるほうだ。
弓子や子供たちのことは風の便りに聞いてはいるが、あの幸恵はいったいどうしているのだろう。

【AV30】家庭教師 盗撮授業8時間

サンプル動画

超お下劣ぅ~!熟女が果てるまでイッテ99人のオナニー8時間

タイトル: 超お下劣ぅ~!熟女が果てるまでイッテ99人のオナニー8時間
キーワード: ベスト・総集編、オナニー、熟女、人妻、巨乳、デジモ、独占配信
女優: 椎名ゆな、長澤あずさ、水城奈緒、川上ゆう、本庄瞳、山河ほたる、夏目優希、北川みなみ、鈴宮理恵、有奈めぐみ
メーカー: マドンナ
レーベル: Madonna

ネットの口コミ

そして、しどろもどろでいる私は優柔不断どころか「エロジジィ」という不名誉なレッテルを貼られて、陶芸教室に参加することすらできなくなってしまったのです。
しかしその微笑む顔はどこか淋しげで、自分の願うとおりには生きてこれなかったからでしょうか。
そこまでいくと私の行為は際限なくエスカレートし、ついには肛門にまで責めを加えました。
「お風呂に入りましょう」かすれた声で甘えたようにそう言う里子は、まだ怖がっているようでした。
「ううん、もっと」
「そうか。真佐子、君が知らなかっただけで、ずっと前からだったよ…」
深く突く時には子宮まで届くように、浅く柚送するときにはワギナの入り口を掻き回すようにして女を責める。
大学に進学してからも、私は時々先生と逢ってホテルに行き、不倫の関係を続けていましたが、社会人になってからは、私の勤め先が遠かったことや仕事が忙しかったことなどで、あまり逢えなくなっていました。
そして、私を横目で見遣ると、
「じゃあ」
また、三十歳を目の前にして、妊娠するなら今しかないという焦りも出てきて、私は自分を責めてばかりいたのです。
今は手淫のさいも必ずケツメドをいじるようにしています。
なるようになれ、出たとこ勝負。
「お、おい。君、だいじょうぷか?」
俺も声を上げたくなるような快感だ。
そっと肩へ手をおくと、
(これでひと安心、何もかも私の邪推だったんだわ!)
もちろん私とて想像する分には興奮を覚えるが、そんなことをしていて、もし警察にでも通報されたらどうするというのだ。
「どうした、もっとしっかり咥えんか」
糸子は辺り構わず善がり声を響かせたと思うと、
まったく、冗談だろう。
(こんな夫の為にもうお金のことで悩むのは嫌)
浴室から戻った干葉氏を見て口を離すと、力いっぱい吸いたてた肉襞がペロリと壷口からはみ出していた。
「イ、イヤぁ、恥ずかしいわ!そんなに覗いちゃダメ……」
だからもっと叩いて」
私は露天風呂でのことが忘れられず、さりとて彼女たちの旅館に顔を出せば、事情を察して笑われはしないかと恥う不安もあり、自分の部屋で雨に煙る山を眺めながら、旅館で借りたギターを、弾けもしないのにかき鳴らしては悶々と時間を過ごしたのです。
「変なことを聞いて悪いんだけど。ひょっとして、律子さんと付き合ったことがあったりして?」
私たちはちょっと離れて歩きながら、その連れ込みまで辿り着いたのです。
夫の女癖の悪さには、何度泣かされたかしれません。
けれど、Kさんとの体験、そしてS婦人のことは忘れることができない。
もう殆ど夫婦生活もなくなっていた私は、自分の体が久し振りに人の手で弄られる感触に反応してしまい、理性よりも相手の指の動きしか感じられなくなってしまったのです。
「あうっ~そうなの。亡くなった主人に仕込まれて、今まで痰いて疼いてしょうがなかったの」
と、私に意味を教える。

超お下劣ぅ~!熟女が果てるまでイッテ99人のオナニー8時間

サンプル動画

ガチハード ぶっ壊れちまう寸前までFUCK4時間

タイトル: ガチハード ぶっ壊れちまう寸前までFUCK4時間
キーワード: 淫乱・ハード系、4時間以上作品、3P・4P
女優: 仁科百華、明日花キララ、瀬乃ゆいか、成瀬心美、秋山祥子、乙井なずな、伊東美姫、麻生香月、雨音レイラ、亜希菜
メーカー: h.m.p
レーベル: VB

ネットの口コミ

陶芸歴も長く、とても多趣味なご婦人です。
だから私に、銀行をやめて社長になれという話もあり、一部の使用人たちも私なら盛り立ててがんばってゆくことができると言ってくれたのですが、それでは弟の立楊がなくなってしまいます。
反撃するように男根をしゃぷられると私も情けないほどうわずった声を上げて仰け反り、二人のヨガリ声が部屋の中で何度も交錯しました。
私にとって前の彼女は、やせていて、そう色っぽいからだの女ではありませんでした。
定子は虚ろな目で挿入をねだる。
自分のどこに、そんな感覚が合ったのか、驚いてしまいました。
昨夜、秘かに泣いていたことは嘘のようだった。
結局、「受験に専念できるように」とか、「大学に合格したらまたね」とか、そんな理由で、いつの間にか私たちは逢わなくなっていました。
さらに強い加虐を加えてあげるのが、加奈子への愛だと思ったのです。
「はい」
夫は、気にするなと言ってくれましたが、それが口先だけというのはすぐにわかりました。
そこでローションの代わりに年増ホテトル嬢のケツメドをベロペロ舐めて唾液をたっぷり塗り付けて、暗褐色のすぼまりをグイグイえぐっていったのです。
何度も何度も誘われて、断り切れないところまで引っ張ったのは、彼がセックスを期待しているのだと分かっていたからです。
時間を潰すのは得意ではないので、私は玄関のチャイムを押しました。
と言いながら尻を軽く叩いた。
村まではバスが行かないので、途中から徒歩で向かったが、高校に自転車通学をした懐かしい道が、寒々とどこまでも続いていた。
「素敵なオッパイだね」
これ以上は無理だと思った私は、妙子と別れることにした。
案内されて、中に入ると確かにボックス席タイプの店ですが、三方がカーテンで遮られて他の席はほぼ見えません。
「アー、アー、アーッ…」
水商売の女らしく、ママさんがおねだりする。
つまりセックスまでさせる愛人契約を申し込まれたのです。
ビジターである私は、全裸になったものの阿鼻叫喚の会場の様子を眺めて楽しんでいた。
(もうすぐ生理だからかしら、私、異常に感じてるわ)
と訪ねてきたのが敦美さんでした。
目覚めたというよりは、起こされたというのが本当でしょうね。
新しい男との出会いには、必ず新しい悦びがあったから、私はどのベッドでも、体の底から本気になった。
私は強く唇を押し付けました。
「えっ?」
そのとき、S婦人が私の席にやってきて酒を注いでくれた。
奥さんの方は子供を旦那さんのところに置いて家を出、木原さんの方は妻子に養育費を送っているので生活が楽ではないとこぼしていました。
俺はコーヒーを入れて戻ってきたお手伝いさんに、奥さんのことを訊ねてみた。
「さっそく、裏を返しに来てくれたのね」

ガチハード ぶっ壊れちまう寸前までFUCK4時間

サンプル動画